【第2回目】社名変更に伴い、ドメインを変更したくなった

【第2回目】社名変更に伴い、ドメインを変更したくなった

社名変更にともない

listingroom.jp → chaos-life-games.com への引越しをしております。

第1回の記事はこちら

のびのびになっておりましたが、とりあえずドメイン移行できました。

以下、やったことのメモ書きです。

WordPressの引越し

ちょっと今回、いままでの構造と少し変えたかったので一つのドメインにWordPressを2つインストールしました。最終的にはもう1つインストールする予定です。

データベースの引越しなどを行い、比較的すんなり移行はできたと思います。

「wordpress 引越し」で検索すると情報はたくさん出てきます。が、結構状況が違うとやり方がちがったりしますのでそのままやってもダメな場合があるかもしれません。

今回参考にさせていただきました。WordPressのサーバー引っ越しの手順まとめ。

リダイレクト処理

listingroom.jp から chaos-life-games.com へリダイレクト処理を行いました。listingroom.jpにアクセスがあるとchaos-life-games.comへ強制的に飛ばしてしまうという処理です。

ディレクトリや記事ごとに勝手にリダイレクトされるので、検索経由で来ていただいた方も混乱がないと思います。

htaccessというファイルに記述するだけでOKです。

Googleウェブマスターツールに新サイトを追加

chaos-life-games.comを新たにウェブマスターツール登録しました。

そこで設定から、アドレスの変更を行い listingroom.jp が chaos-life-games.comに移行したことをGoogleにお知らせしました。

facebookアプリ変更

OGP設定に必要なアプリ設定ですが、urlが変わったのでアプリの設定でも変更しました。

robots.txt解除

切り替わるまでインデックスさせたくなかったので、WordPress管理画面内で、「インデックスさせない」にチェックしておりましたのでチェックをはずして解除。

XMLサイトマップを送信

WordPressのプラグインでXMLサイトマップを作成し、一応ウェブマスターツールからも送信を行いました。

Google Analyticsタグ埋め込み、著者情報タグも埋め込み

wp-analytics-tag-manager

いつもならWordPressのheader.phpを変更するのですが、この間よさそうなプラグインを教えてもらったので使ってみました。

WP Analytics Tag Manager

ちゃんとデータ取れてます。特定の固定ページだけにも埋め込めますし、フッター部分にも埋め込めるのでリスティング広告のコンバージョンタグも埋め込めそうです。

これはWordPressでかなり便利プラグインな予感です。。シンプルなところもいい感じです。もしテンプレートを変えたくなってもまたheader.phpを変更する必要なしです。

著者情報のタグも一応入れておきました。

OGP画像の設定

こちらは私の場合、テンプレートで対応しているのでWordPress管理画面で変更を行いました。

リスティング広告の停止

リダイレクト処理をしているので、ページが見つかりません、とはなりませんが一応chaos-life-games.comのurlで登録しなおして広告出稿したいので一時的に停止しました。

Google+ 寄稿先の変更

著者情報を表示する場合、Google+の寄稿先にurlを指定する必要があります。ので、変更しました。まぁ最近ぜんぜん表示されなくなっちゃてますが・・・名前だけでも出てれば少しは違うでしょう。

facebookページ、ツイッターに表示していたurlも変更

まぁ細かいところですが、このように色々なところを変更する必要がありますね。

こんな感じでひととおり引越しできた気がします。

やはり、なかなか大変でした。できることならこんなことはやらなくて良いほうがいいですね。

まぁ構造を変更したかったのはあるので、いい機会ではありましたが・・・落ち着いたら構造変更に着手したいところです。

あとは、順位がどうなるのか

こちらは次回、ご報告します。

< 第1回目 > | < 第2回目 >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)